美味しいお茶を飲みたい方は…

毎日飲むお茶をもっとおいしくしたいと思っているかたは、おいしい水を使ってみてください。
淹れたお茶の95%以上が水ですので、水が変わればお茶の味も当然変わります。
お茶に適している水とは、有機物、鉄、マンガンなどが少ない水ですので、外国産のミネラルウォーターを使用しようと思っているかたは、表示をチェックする必要があります。
お茶に適した水を使用することによって、お茶の味が大幅に変わります。
普段は水道水でお茶を淹れているというかたは、違いがすぐにわかるはずです。

■ 水道水にはカルキ臭がある

日本の水道水の場合は、お茶に適した水の条件を満たしてはいるのですが、カルキ消毒をされているので、おいしい水とは言えません。水道水を使用する場合は、カルキ抜きをしないといけません。
水道水を3分程沸騰させ、適度に冷まして使用すると味が大幅に変わります。
水がおいしくないと言われている地域の水道水を使用する場合は、5分以上沸騰させるのがおすすめです。
浄水器を使っているかたもいると思いますが、浄水器を使っている場合でも、沸騰をさせたほうがよりおいしいお茶になります。

■ おいしいお茶を淹れるための原理とは

おいしいお茶を淹れるためには、お茶の味や香りを引き立たせることが大事になります。
お茶の持ち味が存分に活きる温度を知っておけば、味や香りが今まで以上に引き立ちます。
日本茶の場合は、旨みが強いと言われているアミノ酸志向のお茶です。
日本茶をよりおいしくするためには、旨味成分のアミノ酸類を多く溶出させ、渋味や苦味成分であるタンニンやカフェインの溶出を抑えるため、低めのお湯で淹れるようにしてください。これだけでも味や香りが違ってくるので、まだ試したことがないかたは、試してみてください。

■ お茶の淹れ方を知ろう

おいしいお茶を飲むためには水に拘ることや適切な温度で淹れるということが大事であるとともに、お茶の淹れ方も知らないといけません。
玉露の場合は、50℃~60℃の温めのお湯で2分間しっかり浸出することが大事になります。
煎茶の場合は70℃~90℃のお湯で1分間浸出するようにしてください。
番茶や焙じ茶の場合は熱湯で淹れるとともに、茶の葉をたっぷり使うようにしてください。
こまめに茶の葉を変えることも大事な要素です。
お茶は水が命と言っても過言ではありません。水以外にも淹れ方や適した温度を知り、おいしい水を使えば今まで以上においしくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・美容

  1. 炭酸水が美容に良いことは有名になってきていますが、最近知ったんです。「水素」が肌に良いってこと。…
  2. 「朝だけ水洗顔の効果とは?ニキビに良いと言われる理由」 肌荒れが気になって仕方がない。そんな方へ、朝だけ水洗顔をおすすめします。水洗顔とはその名の通り「水だけを使う洗顔」のこと。ごしごし石鹸を使って顔を洗うと肌の老化にもつながるという観点から水洗顔をしている方が多いんです。 水とは言ってもお湯、ですがお湯だけで洗顔をして得られる美肌効果や、ニキビに良いと言われている理由をご紹介します。今日から始められる水洗顔方法も是非実践してみましょう。

    2015/10/28

    水洗顔
    「朝だけ水洗顔の効果とは?ニキビに良いと言われる理由」肌荒れが気になって仕方がない。そんな方…
  3. 朝起きた時に喉がカラカラに乾いていること、ありますよね?人間は寝ている間に、特に暑くなくても、コ…
  4. 現代の生活は「ストレス社会」になっています。毎日の生活で、つい負担を感じてしまうことも少なくないでし…
  5. 現代の生活は「ストレス社会」になっています。毎日の生活で、つい負担を感じてしまうことも少なくないでし…
PAGE TOP